家賃保証を利用してみよう|保証人が居なくても家を借りられる

男の人

空室時にも収益を得る

マネー

家賃保証サービスは賃貸オーナーの心強い味方です。連帯保証人を立てることができない高齢者や外国人が滞納した際には立替支払いを行うサービスです。サービス内容には立替支払い・訴訟費用負担・原状回復費用負担なども含まれています。

家賃を確実に回収する

貯金箱

家賃保証は、家賃保証会社と呼ばれる専門業者が賃貸住宅における家賃等の支払いを保証するサービスです。滞納が発生した場合に代位弁済の義務を負うことで、家主に賃貸経営の安定化をもたらすとともに、物件の入居しやすさを高めます。

家賃収入の安定化

つみき

マンションなどの賃貸経営者にとっての一番のリスクは、空室で家賃収入が入らない事です。このリスクを軽減する事が出来るのが家賃保証で、毎月一定額の家賃を保証してくれます。条件は厳しいですが、契約する事が出来れば経営者にとって安定した賃貸経営が可能になります。

不動産投資で利益を得る

積み木

マンション経営のこつ

近年、不動産投資が注目を集めています。日銀のマイナス金利政策により、住宅ローン金利が最低になったこともあり、今が借り時と考える人も増えているのも一因です。不動産投資といえば、投資のプロが行うものと思いがちですが、今の時代はOLやサラリーマンといった勤め人がローンでマンション経営に乗り出すことも可能です。頭金があれば御の字ですが、フルローンでマンション購入し、家賃保証でローン返済や老後の蓄えにしようと考えている人も多くいます。不動産投資はまず場所と物件がカギとなります。いい上物があっても駅からとても遠いとなれば家賃保証がありません。また駅から近くてもボロボロの建物では同じく人が入りにくく、家賃保証を得ることはできません。マンション投資を考えている人であれば、都心の駅からほど近い物件を購入することで空き部屋になりにくく家賃収入を得られやすくなります。空き部屋をなくし常に満室であることが家賃保証の第一とも言えます。マンション経営では、どこにマンションを持つかという場所が重要です。また大学が近いことや、独身者が多い場所であれば、大きな部屋は不要となりワンルームや1DKなどの物件が人気となります。今ではパソコンやスマートフォンを使うことが当たり前になっているため、最初からwifiを使えるようにしたり、ロフト部分を作りより部屋を広く使い勝手がよい部屋にするかで集客に大きな違いが現れます。家賃保証があることで、ローン返済のめどもつきやすくなります。