家賃保証を利用してみよう|保証人が居なくても家を借りられる

お金

家賃を確実に回収する

貯金箱

滞納リスクに備える制度

賃貸住宅を安定的に経営するには、何よりも債権を確実に回収できる環境を整えておく必要があります。その助けとなるのが、家賃保証サービスです。家賃保証とは、入居者が家主に対して負う債務、具体的には家賃や共益費、退去時の原状回復費用等について、第三者が支払いを保証する制度です。一般に家賃保証会社と呼ばれる専門事業者がこれを手がけます。一般の賃貸借契約では、入居者に加えて連帯保証人が家賃等に係る支払い義務を負います。しかし連帯保証人は入居者の親族等の個人がなるのが通例なため、経済事情の変化等によって契約期間中に保証能力が失われてしまうことがあります。また、最近では高齢化等によって連帯保証人を立てられない入居者も増えてきています。家賃保証サービスを活用すれば、専門事業者による支払い保証が得られることによって、債権確保の確実性が向上します。さらに、連帯保証人のいない人でも入居しやすくなるため、物件の稼働率を高める結果にもつながります。家賃保証サービスを利用するには、入居希望者が保証会社の審査を受ける必要があります。身許や支払い能力等について審査された後、合格者と保証会社の間に保証委託契約が取り交わされ、保証委託料が保証会社に払い込まれることによって、サービスが開始されます。一方、家主と保証会社の間においても、支払い保証に係る契約が取り交わされます。これによって、万一家賃等の滞納があった場合は、保証会社が代位弁済の義務を負うことになります。