家賃保証を利用してみよう|保証人が居なくても家を借りられる

お金

空室時にも収益を得る

マネー

滞納時にも安心のサービス

賃貸物件オーナーにとって空室は悩みの種です。あまり長く空室のままでは不動産価値が下がるばかりで収益率は減る一方となります。高齢者や外国人には貸したくないが空室は困るといった場合に最適なのが家賃保証です。身内がいない高齢者や外国人は連帯保証人を用意できないことが多いので、不動産オーナーはできれば貸したくないと考えます。しかし家賃保証サービスを利用すれば滞納時には保証会社が立て替えてオーナーに支払うので安心です。家賃保証会社はオーナーから保証料を得ることで家賃の連帯保証を行ないます。立て替えた家賃は、保証会社が貸主に請求し、訴訟になった際も訴訟費用は保証会社が負担するサービスです。また撤去や原状回復に掛かる費用も負担しているので、オーナーにとっては非常に心強い味方になります。特に原状回復費用は高額になるケースも多くあります。集金代行サービスを別途申し込むことも可能です。毎月の家賃を借主の口座から引き落とし、滞納が発生した際には自動的に立替支払いを行なうサービスです。入金確認や督促業務などの負担を軽減することができます。またオーナーの立場とは逆の借主にとっても有益なサービスです。本来ならば借りられない物件を連帯保証人なしで契約でき、寛げる住空間を得ることができます。高齢者・外国人には貸したくないと考えているオーナーも、家賃保証があれば気軽に貸せます。今後は単身高齢者が増加することから益々需要が高まるサービスです。