家賃保証を利用してみよう|保証人が居なくても家を借りられる

お金

家賃収入の安定化

つみき

こんな保証があるんです

マンションなどの賃貸経営において、経営する側の一番のリスクは何だと思いますか。それは入居者が入らず空室になる事や、入居者の滞納による家賃収入の減少ではないでしょうか。賃貸経営を始めたばかりでは、毎月物件の購入によるローンが残っているので、多くの家賃収入が必要になります。このようなリスクを軽減する事が出来るのが、家賃保証というシステムなのです。家賃保証とは、入居者がいない空室でも一定額の家賃を受け取れるサービスの事で、毎月の家賃を保証してくれるものです。また、家賃滞納者の支払いも肩代わりしてくれるので、安定した経営が出来ます。しかし、この家賃保証はすべての物件で保証してくれるものではありません。入居率の高そうな優良物件と見なされて初めて契約出来るので、逆に考えると、家賃保証があると言う事は優良物件の証明になるのです。また、家賃保証をする場合の手数料は、契約する会社によって違いますが、一般的に10%から20%程度となっています。これを高いと考えてしまうかもしれませんが、多くの経営者が管理会社と契約している賃貸管理と比べても、それほどかけ離れている訳ではありません。さらに、この賃貸管理とセットになって割安になっている場合もあるので、一概に高いと判断するのは避けたほうが良いでしょう。このように、家賃保証には色々なメリットがあり、経営の助けになる事がお分かりいただけたと思います。賃貸物件の経営者にとって、空室によるリスクを軽減し、毎月安定した家賃収入を得る事が大事なのです。